×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

発酵食品は抗酸化作用があり免疫力を高めます。

発酵食品とは

発酵食品とは、カビや酵母などの微生物の働きを利用して食品を発酵させたもの。発酵食品には、大腸の中で健康に良い働きをするバクテリア「プロバイオティクス」が含まれています。

発酵食品の効用

食材は、もともとの素材のままで食べるよりも、発酵することで抗酸化作用が強まることがわかっています。また、発酵食品には身体の免疫力を高めるという効用があります。味はまろやかになり、特有のおいしさがでます。

代表的な発酵食品

納豆・みそ・ヨーグルト・チーズ・ぬか漬け・みりん・醤油・酢・かつお節・塩麹・キムチ・ワイン・パン・ザワークラウト・ピクルスなど

上手な発酵食品の摂り方

発酵食品は毎日摂るのが理想的ですが、動物性の発酵食品(バターやチーズ等)は高脂肪なので注意しないと肥満につながってしまう恐れもあります。みそ・ぬか漬け・みりん・醤油・酢などを使うことが多い和食はもともと発酵食品が摂りやすい構成です。積極的に和食の献立を取り入れるようにすれば、発酵食品を効率的にとることができます。

Copyright © 粗食 All Rights Reserved.

粗食soshoku